お受験日記


1/18(水)小林聖心「ようこそ、聖心の丘へ SeasonⅢ」

2016年12月30日

聖心の丘・写真

小林聖心女子学院小から、「ようこそ、聖心の丘へ SeasonⅢ」のチラシを頂戴しました。今回は、第8回「小学校に入学するということ」というテーマで小学校1年生担任の中條美穂子先生のお話が聞けるそうです。年明けの1/18(水)に開催されます。12/14(水)に開催された棚瀬校長先生による“「いのち」のお祝い、クリスマス”も参加された塾生の父兄から、身近な距離でお話を聞くことができて大変すばらしい会だったと聞いています。すでにWebでの申し込みが始まっています。詳細に関しては添付のpdfまたは学校HPを参照ください

pdf  ようこそ、聖心の丘へ

学校HP

IMG_4674 IMG_4677

先日、12/24(土)のクリスマスのミサに参加させていただきました。阪急電車の小林駅から真っ暗な「みこころ坂」を登りしばらくすると左手に竹林の隙間から聖堂の明かりが見えてきます。何故か気持ちが落ち着きます。約1時間のミサの後に生徒さんたちが休憩室で出してくれるホットココアも、とてもありがたいです。休憩室で見かける卒業生の中にご年配の方もたくさんお見かけします。小林聖心の伝統と絆を感じます。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

12/18(日)甲子園ボウル(関学vs早稲田)

2016年12月16日

甲子園ボウル 甲子園8 甲子園7 甲子園ボウル4

12/18(日)に第71回甲子園ボウルが開催されます。2年ぶり50回目の出場となる関西学院大学と2年連続4回目の出場となる早稲田大学との対戦です。テレビ放送は勿論ありますがやはりライブ観戦の方が迫力があります。それから、関西学院の小・中・高・大とOB・OGの絆を感じることができると思います。初等部に入ってから男子は、フラッグ・フットボール、女子はチアリーデイングで頑張っている子が多いですが、憧れの先輩たちを間近でみることができます。

詳細は、甲子園ボウル・オフィシャルサイトをご覧ください。

IMG_4639 IMG_4626 IMG_4629 IMG_4651

12/18(追記)

関学大が早大を31-14で下し、2年ぶり28度目の優勝を決めました。来年の1/3にライスボウル(東京ドーム)で社会人の「富士通」と対戦します。

写真右端のシーンがいいです。優勝を決めた関西学院ファイターズが勝利の白いキャップを被り円陣を組む光景が感動的です。試合後の応援団による両校の健闘を讃えあうエール交換も素晴らしかったです。早稲田大学の「生の校歌」を聞いたのは初めてでした。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

インドアービュー 池田校

2016年12月14日

昨年と今年の関西大学初等部の入試にストリートビュー問題が出ています。道路にいる人から見える風景はどれかという問題です。DSCF9057

なかなか難しい問題です。右写真

ところで、グーグルで検索してストリートビューを見られたことは皆さんもあると思いますが、ヘッズ池田校の室内を見られるインドアビューをご紹介します。

「ヘッズアップセミナー池田校」や「ヘッズ池田」とグーグル検索をすれば、写真下左の画面が出ます。この写真をクリックすれば外観や教室の写真が見られます。外の360°🔁マークの付いたストリュートビューを見ていただくと、阪急池田駅からすぐのステーションNビルの線路側1階にあることがわかります。阪急電車からも見られます。 この中に室内写真の360°🔁が見られる「インドアビュー」をクリック(右下写真)すれば、ほとんどの教室内を見ることができます。

池田校の新年度受験クラスは2月よりスタートします。どのような教室か分からない方のために教室の様子を知っていただくために2年前に作っています。部屋の中まで入っていけます。  おそらく幼児教室の中でも明るくて広い教室だと思います。また、池田校は「そろばん速算教室」を開室しています。よくある狭いそろばん教室とは違い、ゆったりとした教室で授業を受けられます。

教室待合室のモニターは4台あり、教室内の電子黒板は3台とプロジェクターが1台あります。 待合室のモニターでは、年長授業で行ったアニメや動画の説明をしています。

どのクラスの体験教室も、満室でない限り「毎日」行っていますので、予約の上お越しください。

DSCF9055  DSCF9056 DSCF9053

 

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

トナカイ

2016年12月11日

Christmas3 IMG_4564 IMG_4566 IMG_4568

12月に入り宝塚校教室横の広場には、クリスマスのイルミネーションが点灯しました。サンタクロースのそりを引っ張っているのはトナカイです。「トナカイ」「シカ」「ヤギ」「ヒツジ」は、似た感じですが混同しないようにしましょう。また、「じょうろ」「やかん」「きゅうす」も混同しやすい言葉かもしれません。池附特訓クラスのカラー問題でも過去に池附で出題された「キャベツ」「白菜」「レタス」の切り口の問題を出題しました。

まもなく冬休みにはいりますが料理のお手伝いをすることによって自然と覚えていくことが大切だと思います。池田附属の試験まであと1か月余りとなりました。今回は、1月末の試験となり池附直前講習も年末と年始のゆったりしたタイムスケジュールで直前の強化ができると思います。風邪が流行っているようですが手洗い・うがいと十分な睡眠をとって年末年始の講習、親子面接特訓、行動観察特訓にベストな体調で臨んでください。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

速読と朗読

2016年11月24日

ブログ写真

宝塚校に速読(日本速脳速読協会・SRJ)を導入して今年で4年目となりました。今年も、 『速読甲子園2016~第12回速読・速解力コンテスト~』の小学2年生の部で全国5位という見事な成績を収めることが出来ました。全国で、3位までに入賞すれば早稲田大学 大隈記念講堂での表彰式に招待されます。来年こそ優勝を目指して頑張ってもらいたいと思います。3倍速で字が読めるということは、人の3倍の量の読書ができるということです。読書は、人を成長させます。速読力を読書に生かしてもらいたいと思います。

吉永 小百合

12月19日(月)に大阪・フェスティバルホールにおいて「平和のために~詩と音楽と花と」というタイトルで詩の朗読と音楽のチャリティコンサートが開催されます。出演は、「吉永小百合×坂本龍一」です。吉永小百合さんの原爆詩や福島原発事故に見舞われた福島の人々の詩の朗読と坂本龍一氏のピアノ伴奏が聞くことができます。大隈講堂といえば、吉永小百合さんは、女優業の傍ら早稲田大学第二部文学部を次席で卒業されています。多忙な日々に拘らず勉学(読書)に励まれたのだと想像できます。「読書の秋」も、もう終わりですが多忙な時こそ読書に没頭できるようにも思います。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

手紙

2016年11月15日

坂本龍馬展

京都国立博物館で、 「坂本龍馬展」が開催されています。龍馬の手紙は、現在、140通あまり確認されているそうですが、その一部が公開されています。決して達筆とは言えない字ですが、豪放磊落な人間性がよく表れています。

塾生から、お盆休み明けに暑中見舞い、年明けに年賀状が塾に着きます。楽しい家族写真を見るのも楽しみですが、一生懸命に自分の思いを込めたコメントを読むのも楽しみです。小学校受験で、字や数字を書くことはありませんが、字が書けるということは問題を解く過程でとても役立ちます。12月はクリスマスカード、1月は年賀状と字の練習の成果を発揮する機会は、たくさんあります。是非、家族で取り組んでください。

今日、11月15日は坂本龍馬の命日です。150年前、近江屋で刺客の刃を鞘で受けた刀「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」も展示されています。博物館の前には「三十三間堂」もあります。また、京都の紅葉もとても綺麗です。展示会は、11/27(日)まで開催されています。

 

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

風に吹かれて

2016年11月07日

ボブディラン

10/13にボブ・ディランが、ノーベル文学賞を授賞しました。授賞理由は、「アメリカの輝かしい楽曲の伝統の中で新しい詩的表現を生み出してきたこと」だそうです。「風に吹かれて」が、ディランの代表曲ですが、当時聞いてもあまりピンときませんでした。むしろ五木寛之のエッセイ「風に吹かれて」を何度も読み返した記憶があります。ただ、映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」 「イージー☆ライダー」を見てボブディランもいいなと感じました。(ただの食わず嫌いだったと思います)

ゴーヤの葉 東北大震災の日本地図 雨雲4 ボブ ノーベル賞

小学校入試にはその年にニュースで話題になったことが出題されることがあります。(特に、関学・関大初等部)「猛暑の夏の節電対策→ゴーヤの栽培」「東北大震災→日本地図」「大雨の災害が続いた年→雨雲」がカラー写真問題として過去に出題されました。幼稚園児にそこまで知識として覚えなさいということではなく、このような「日常のニュース」「新聞記事」が家族の中で話題になるような家庭かどうかということを入試で試してみたかったのだと思います。ノーベル賞の授与式は12月10日にストックホルムで行われます。そして、ノーベル文学賞を授賞する最初のミュージシャンとなります。あるイギリスの詩人がボブ・ディランについて「最も良い言葉が最も良い順序で配列されている」と称賛しています。 「風に吹かれて」を改めて聞いてみるとやっぱり良いです。そして、日本人では、川端康成氏が「雪国」「伊豆の踊子」が評価されて授賞した様に、ボブ・ディランの授賞曲は、何が対象なるのでしょうか。気になるところです。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

「べっぴんさん」

2016年11月01日

べっぴんさん1 べっぴんさん2 べっぴんさん3 ファミリア 005

NHKの朝ドラは、ここ数年ずっと見ています。「4月~9月」「10月~3月」の年内2クールの放送ですが、ドラマの最終回が9/末、新番組の初回が10/初に切り替わります。ちょうど私学入試の終わり9/末と始まりの10/初めと重なり毎年、感慨深いものがあります。みなさんすでにご存じの通り「べっぴんさん」はファミリアの創業者の物語です。別品(べっぴん)=作り手が思いをこめた特別なもの」ということがドラマのテーマだそうです。

ヘッズもお受験服に関しては、ファミリア梅田三番街店(2012.11/8 閉店)に長い間お世話になりました。毎年、三番街のお店に伺い店長さんから新製品の説明を丁寧にしていただいたことが懐かしいです。実際、小学校受験を経験されたご家庭であればファミリアの製品が「靴擦れしない柔らかい靴」「ポロシャツのボタン穴が上から横→縦→縦になっており着脱しやすい」「面接時の母親のバッグを机においたときの安定感」などいかに本番の受験を想定して作られた製品であるかを実感できたと思います。1月末には、池附の受験がありますが、冬場のダッフルコートやPコート、キルティングのジャケットなども軽くて暖かいし大人の私たちがみてもとてもカッコいいです。ファミリアの製品が皇室御用達だということは、なんとなく知っていました。高品質ということが一番だったとおもいますが、上に紹介した書籍を読み進めていくと創業メンバー(4人)の一人の御嬢さんが、独身時代の美智子妃と聖心女子大学時代で同級生だった為、ファミリアの製品がどんな人たちがどんな想いでつくり上げた品物なのかをご存じだったのかもしてません。(右端の写真は、5年前のファミリアのカタログです。教室の窓口にパンフレットを積んでおくとすぐ在庫がなくなるので受験する年長さんの父兄一人一人に手渡しでした)

10/29(土)に小林聖心女子学院小の2次試験が終了し、ヘッズ生も合格を頂きました。よく頑張りました、おめでとうございます。10/29から小林聖心の学校HPで小学校動画「小林聖心女子学院の一日」が公開されています。若葉のころの撮影でしょうか、自然環境に恵まれた校内の様子が映し出されていてふと英国のパブリックスクールを連想してしまいました。(個人的な感想を述べさせていただくと)動画のラスト近く、マイヤークラブ(学童保育)でおやつを食べた終えた子供たちが外の芝生に飛び出していくシーンがとてもいいです。小林聖心の2次試験が終わるまでの1か月間は「始まりと終わりの間(はざま)」で、落ち着きませんでしたが、ほっとしました。 “Big You ,small i”のスクールモットーを学び、12年間の楽しい学校生活をスタートさせてください。

赤字をクリックすると動画につながります。

 

 

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

「将来の夢」

2016年10月25日

平尾 誠二 ①  平尾 誠二 ②

先週、平尾誠二氏の突然の訃報を知り愕然としました。伏見工業、同志社大学、神戸製鋼時代のプレーをリアルタイムで観ていました。アスリートとしても素晴らしかったけれど阪神大震災や東北大震災の時のボランティア活動においても立派な人でした。

小学校受験を終え勉学は、もちろんですが、これから好きなスポーツに打ち込もうとしている子供たちも多いと思います。野球、サッカー、テニス、アメフト、バレエなどラグビーでなくてもスポーツをするなら平尾誠二氏のことを知って欲しいと思いペンをとりました。これから、特集番組も放送されると思いますが、是非、親子で視聴してください。小学校受験は子どもだけでなく父兄の子どもに対する接し方もとても重要です。これから入試に臨む年中、年少の父兄も彼のコーチングの素晴らしさは、とても参考になると思います。 今、学校別に今年の親子面接の模様をレポートにまとめて整理しています。ある小学校の面接で、父兄に対して「将来、子供さんにどんな人になって欲しいですか」という質問がありました。「優しい人」「思いやりのある人」「まわりの人を明るくする人」のような回答があったようです。それぞれ素晴らしい回答だと思いますが、時代が違うので「平尾誠二」の名前はさすがに出て来なかったでしょうが、スポーツの分野で言えば、野球の「イチロー選手」アイススケートの「浅田 真央選手」テニスの「錦織 圭選手」などの個人名でも、親子でその思いを共有していれば面接の受け答えとして良かったのではないかと思いました。最後に、あれだけ激しいプレーをしながら「美しいラグビーを目指す」「試合をエンジョイする」という斬新な発想と説得力のある言葉に感銘を受けました。ご冥福をお祈りします。

「練習は、量より質。質より気分」

「人間は、本当に上手になりたいと思った時こそ、学習能力を発揮するんです」

「僕は厳しいです。でも、練習をするときは、理由をきちんと説明して、それを超えさせます。逃げ道も作りません。」

「時間って命の一部なんですよ。今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にできない。ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない。

(平尾誠二 語録より抜粋)

ニュース映像

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

 宝塚アニメフェスタ2016×ハロウィン(10/18~10/31)

2016年10月19日

ハロウィン② takarazuka_xmas_006 takarazuka_xmas_027 ハロウィン ①

私学入試速報会(10/23池田校、10/30宝塚校)の資料作りをしていますが、今年も「季節」の問題と合わせて「行事」の問題が出題されています。数年前から「ハロウィン」の出題もよく見られるようになり秋の行事の定番となってきました。。10/18(火)~10/31(月)宝塚「花のみち」に“ハロウィン”をテーマとしたイルミネーションが展開します。ライトアップされた「花の道」も素敵です。

詳細に関しては「宝塚アニメフェスタ2016×ハロウィン」をご覧ください。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記
新着記事
カテゴリ
リンク集