お受験日記


風に吹かれて

2016年11月07日

ボブディラン

10/13にボブ・ディランが、ノーベル文学賞を授賞しました。授賞理由は、「アメリカの輝かしい楽曲の伝統の中で新しい詩的表現を生み出してきたこと」だそうです。「風に吹かれて」が、ディランの代表曲ですが、当時聞いてもあまりピンときませんでした。むしろ五木寛之のエッセイ「風に吹かれて」を何度も読み返した記憶があります。ただ、映画「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」 「イージー☆ライダー」を見てボブディランもいいなと感じました。(ただの食わず嫌いだったと思います)

ゴーヤの葉 東北大震災の日本地図 雨雲4 ボブ ノーベル賞

小学校入試にはその年にニュースで話題になったことが出題されることがあります。(特に、関学・関大初等部)「猛暑の夏の節電対策→ゴーヤの栽培」「東北大震災→日本地図」「大雨の災害が続いた年→雨雲」がカラー写真問題として過去に出題されました。幼稚園児にそこまで知識として覚えなさいということではなく、このような「日常のニュース」「新聞記事」が家族の中で話題になるような家庭かどうかということを入試で試してみたかったのだと思います。ノーベル賞の授与式は12月10日にストックホルムで行われます。そして、ノーベル文学賞を授賞する最初のミュージシャンとなります。あるイギリスの詩人がボブ・ディランについて「最も良い言葉が最も良い順序で配列されている」と称賛しています。 「風に吹かれて」を改めて聞いてみるとやっぱり良いです。そして、日本人では、川端康成氏が「雪国」「伊豆の踊子」が評価されて授賞した様に、ボブ・ディランの授賞曲は、何が対象なるのでしょうか。気になるところです。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

「べっぴんさん」

2016年11月01日

べっぴんさん1 べっぴんさん2 べっぴんさん3 ファミリア 005

NHKの朝ドラは、ここ数年ずっと見ています。「4月~9月」「10月~3月」の年内2クールの放送ですが、ドラマの最終回が9/末、新番組の初回が10/初に切り替わります。ちょうど私学入試の終わり9/末と始まりの10/初めと重なり毎年、感慨深いものがあります。みなさんすでにご存じの通り「べっぴんさん」はファミリアの創業者の物語です。別品(べっぴん)=作り手が思いをこめた特別なもの」ということがドラマのテーマだそうです。

ヘッズもお受験服に関しては、ファミリア梅田三番街店(2012.11/8 閉店)に長い間お世話になりました。毎年、三番街のお店に伺い店長さんから新製品の説明を丁寧にしていただいたことが懐かしいです。実際、小学校受験を経験されたご家庭であればファミリアの製品が「靴擦れしない柔らかい靴」「ポロシャツのボタン穴が上から横→縦→縦になっており着脱しやすい」「面接時の母親のバッグを机においたときの安定感」などいかに本番の受験を想定して作られた製品であるかを実感できたと思います。1月末には、池附の受験がありますが、冬場のダッフルコートやPコート、キルティングのジャケットなども軽くて暖かいし大人の私たちがみてもとてもカッコいいです。ファミリアの製品が皇室御用達だということは、なんとなく知っていました。高品質ということが一番だったとおもいますが、上に紹介した書籍を読み進めていくと創業メンバー(4人)の一人の御嬢さんが、独身時代の美智子妃と聖心女子大学時代で同級生だった為、ファミリアの製品がどんな人たちがどんな想いでつくり上げた品物なのかをご存じだったのかもしてません。(右端の写真は、5年前のファミリアのカタログです。教室の窓口にパンフレットを積んでおくとすぐ在庫がなくなるので受験する年長さんの父兄一人一人に手渡しでした)

10/29(土)に小林聖心女子学院小の2次試験が終了し、ヘッズ生も合格を頂きました。よく頑張りました、おめでとうございます。10/29から小林聖心の学校HPで小学校動画「小林聖心女子学院の一日」が公開されています。若葉のころの撮影でしょうか、自然環境に恵まれた校内の様子が映し出されていてふと英国のパブリックスクールを連想してしまいました。(個人的な感想を述べさせていただくと)動画のラスト近く、マイヤークラブ(学童保育)でおやつを食べた終えた子供たちが外の芝生に飛び出していくシーンがとてもいいです。小林聖心の2次試験が終わるまでの1か月間は「始まりと終わりの間(はざま)」で、落ち着きませんでしたが、ほっとしました。 “Big You ,small i”のスクールモットーを学び、12年間の楽しい学校生活をスタートさせてください。

赤字をクリックすると動画につながります。

 

 

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

「将来の夢」

2016年10月25日

平尾 誠二 ①  平尾 誠二 ②

先週、平尾誠二氏の突然の訃報を知り愕然としました。伏見工業、同志社大学、神戸製鋼時代のプレーをリアルタイムで観ていました。アスリートとしても素晴らしかったけれど阪神大震災や東北大震災の時のボランティア活動においても立派な人でした。

小学校受験を終え勉学は、もちろんですが、これから好きなスポーツに打ち込もうとしている子供たちも多いと思います。野球、サッカー、テニス、アメフト、バレエなどラグビーでなくてもスポーツをするなら平尾誠二氏のことを知って欲しいと思いペンをとりました。これから、特集番組も放送されると思いますが、是非、親子で視聴してください。小学校受験は子どもだけでなく父兄の子どもに対する接し方もとても重要です。これから入試に臨む年中、年少の父兄も彼のコーチングの素晴らしさは、とても参考になると思います。 今、学校別に今年の親子面接の模様をレポートにまとめて整理しています。ある小学校の面接で、父兄に対して「将来、子供さんにどんな人になって欲しいですか」という質問がありました。「優しい人」「思いやりのある人」「まわりの人を明るくする人」のような回答があったようです。それぞれ素晴らしい回答だと思いますが、時代が違うので「平尾誠二」の名前はさすがに出て来なかったでしょうが、スポーツの分野で言えば、野球の「イチロー選手」アイススケートの「浅田 真央選手」テニスの「錦織 圭選手」などの個人名でも、親子でその思いを共有していれば面接の受け答えとして良かったのではないかと思いました。最後に、あれだけ激しいプレーをしながら「美しいラグビーを目指す」「試合をエンジョイする」という斬新な発想と説得力のある言葉に感銘を受けました。ご冥福をお祈りします。

「練習は、量より質。質より気分」

「人間は、本当に上手になりたいと思った時こそ、学習能力を発揮するんです」

「僕は厳しいです。でも、練習をするときは、理由をきちんと説明して、それを超えさせます。逃げ道も作りません。」

「時間って命の一部なんですよ。今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にできない。ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない。

(平尾誠二 語録より抜粋)

ニュース映像

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

 宝塚アニメフェスタ2016×ハロウィン(10/18~10/31)

2016年10月19日

ハロウィン② takarazuka_xmas_006 takarazuka_xmas_027 ハロウィン ①

私学入試速報会(10/23池田校、10/30宝塚校)の資料作りをしていますが、今年も「季節」の問題と合わせて「行事」の問題が出題されています。数年前から「ハロウィン」の出題もよく見られるようになり秋の行事の定番となってきました。。10/18(火)~10/31(月)宝塚「花のみち」に“ハロウィン”をテーマとしたイルミネーションが展開します。ライトアップされた「花の道」も素敵です。

詳細に関しては「宝塚アニメフェスタ2016×ハロウィン」をご覧ください。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

AERA English特別号 (英語に強くなる小学校選び 2017)

2016年10月18日

アエライングリッシュ2017

AERA English特別号 の「英語が好きになる全国の私立小学校」で、関西大学初等部・聖母被昇天小学校・同志社小学校が紹介されています。また、2017年4月に「アサンプション国際小学校」としてスタートする聖母被昇天学院小の武井 明比古校長先生のインタビュー記事も2ページにわたり掲載されています。

10/23(日)AM9:20~9:50ヘッズアップセミナー池田校に聖母被昇天学院小の三宅教頭先生と入試担当の鎌野先生をお招きし「アサンプション国際小」の学校概要と新しい入試形式について説明していただきます。会員外の方も参加可です。予約の上、おこしください。

ヘッズアップセミナー池田校 tel 0727-52-3052

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

オリンピック

2016年09月04日

DSCF7323 DSCF7329

この夏はオリンピックで盛り上がりました。子供たちも「オリンピック見てた!」と返す子がほとんど。オリンピックで何が面白かったかと聞くと、「卓球」「水泳」「体操」が多かったです。教室では、ほぼ毎回の講習で運動をやっていますが、跳び箱からジャンプしてた着地したり、前転で立ち上がった時は、まるで体操選手のように手を横に上げる子がいます。そんなときは「金メダル!」と声をかけてあげます。少しはにかんでいますが嬉しそうです。

先日から教室のケンケンパー用の輪っかを新調しました。それを置いていましたら、子供たちが「オリンピック」と。写真のように並べてみましたが、何かおかしいです。間違い探しをしてみましょう。

オリンピック問題は過去に関大初等部のペーパーで出題されています。また、9月から面接が始まります私学受験の面接においては、「オリンピックを見ていましたか。何がおもしろかったですか。」・・・十分にありそうな質問です。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

幽霊子育飴

2016年08月02日

DSCF7188  子育て飴本舗 あめ

 

 

 

夏休みに入って皆さんはどのようにお過ごしでしょうか。受験生はこの夏にしかできないことはぜひ経験してほしいですね。特にキャンプに出かけることをお勧めします。そこで子供にも役割分担をさせてください。小学受験で合格する子はしっかりした子・・・たくましい子です。自分の身のまわりの事を自分でするのは勿論ですが、家族の一員として責任感を持たせることはとても大事だと思います。

キャンプにいけば、海や川遊び、BBQ、キャンプファイヤー、肝試し、夜空の天体観測・・・どれも子供たちにとっては経験の少ないことばかりでしょう。それが、子供を大きく成長させると思います。

8月3日は新月です。天気よければぜひ夜空を見てほしいです。宇宙の大きさを実感することは子供の成長に良い影響を与えると言われます。また、何事にも興味を沸かせること、探究心を育てることがとても大切なことだと思います。

以前、強化クラスのお話聞き取り問題で「子育て幽霊」をお話しました。話し終わって子供たちは「ああ、こわかった」と。

このお話は、飴屋に飴をいつも夜に買いに来る女の人がいた。あやしく思ってついていったら墓場にその女の人は消えた。そこからは赤ん坊の泣き声がするので、お墓を掘りおこしてみると、赤ちゃんが飴をにぎって泣いていた。子供を身ごもって死んでしまった女の人が、このお墓に埋葬されていた。つまり、その女の人が幽霊となり、子供のために飴を買いに来ていたという話です。

この話には続きがあって、この赤ん坊は、後に六道の高僧になり、寛文6年(1666年)に68歳で入寂したといわれます。

京都の清水寺を降りてきたところあたりのお店「みなとや」で「幽霊子育飴」としてこの飴が販売されています。京都に行ってきたスタッフがその飴を買ってきてくれました。(松原通大和大路東入二丁目轆轤町)

夏休みのような時間のある時は、本をたくさん読んであげてほしいですね。一生の思い出になる本に巡り合えるかもしれません。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

1/16(土)宝塚「生」祈りのメッセージ 2016・冬

2016年01月12日

「生」

 

 

 

 

 

 

阪神・淡路大震災から21年目を迎えようとしています。1月17日の前夜に、震災犠牲者の追悼とともに震災を知らない若い世代に命の尊さを伝える催しが開催されます。宝塚校の教室にチラシを置いておりますのでお持ち帰りください。

日時:1月16日(土)

(一部)南口会館 14:00~(※関学行動観察特訓で毎年お世話になっています)

(二部)「生」モニュメント前 17:00~20:00 (宝塚大橋南詰西側)

詳細に関しては宝塚 「生」祈りのメッセージ 2016・冬もしくはFBを参照ください。

 

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

ルーティン(routine)

2015年12月30日

五郎丸日記

 

 

 

 

 

 

池田附属の試験まで3週間となりました。受験されるどのご家庭も落ち着かない日々を過ごされていると察します。「五郎丸日記」読みました。最初の10ページで涙腺の緩んでしまう素晴らしい本です。受験前の親の緊張を解きほぐす効果があると思いますので、一読をお勧めします。五郎丸と言えばプレースキックの時の「ルーティン」ですが、池附特訓クラスで頑張ってきた子供達もすでに「ルーティン」は出来上がっています。「手を膝に置いて座る」→「用意!はじめ!でクーピーを持つ」→「止め!でクーピーを置き手を膝に置く」この一連の動作がきびきびと実行できているなと感じています。難しい内容のペーパーや考査なども集中して取り組めています。年末年始は、体調に気をつけてお過ごしください。試験前日の晩御飯は「カツ丼」か「カツカレー」を食べるという「ルーティン」を実行しみんなの健闘をお祈りします。

①②③④

 

posted by ヘッズアップセミナー | 日記

12/23(祝・水) 宝塚ハーフマラソン

2015年12月24日

IMG_3394IMG_3396IMG_3399

 

 

 

 

 

毎年、12月の天皇誕生日に、宝塚ハーフマラソンが開催されます。宝塚大劇場をスタートし手塚治虫記念館を右折し宝塚大橋を渡りヘッズ宝塚校のあるサンビオラの交差店にマラソンの一団が迫ってきます。先頭集団の光景は、迫力があり圧倒されます。毎年、宝塚ハーフマラソンが、実施される時期と「池田附属直前講習」は重なります。この時期は、マラソンで例えると残り1キロのラストスパートだと思います。10月からスタートした池田附属特訓クラスの授業は、面接・考査・ペーパー・音楽・運動・行動観察のどの分野も今までよりかなり難しく苦労したと思いますが、過去に池田附属で出題された実践的な問題ばかりなので当然かと思います。厳しい授業を頑張りみんなタフになった様に思います。本番でその成果がきっと発揮できると思います。池田附属直前講習の前期4日間は、終了しました。直前講習の4日間と年明けの池田校・宝塚校合同の1/10・11「親子面接特訓」1/14「行動観察特訓」で最終の仕上げを行います「合格」というゴールを目指して、あと少し頑張りましょう。

posted by ヘッズアップセミナー | 日記
新着記事
カテゴリ
リンク集